株式会社 玉野井
ペアガラスのリサイクル機「PGリサイクル」
PGリサイクルは異業種のスクラムから生まれた
←クリックすると大きくなります
もったいないなぁ
ペアガラスを廃棄処分するたびに玉野井はこう思っていました。「もったいないなぁ〜。これを再利用する方法はないもんじゃろうか」
そうだ!
そこで、玉野井は、色々な発想をめぐらせました。ああでもない、こうでもない。
「ワシは理工学部を出た技術屋だ、あきらめるわけにはいかない」
  ペアガラスの構造を見ていて、あるアイデアが浮かびました。
「そうだ! こことここを切れば、再利用できる」
でも、技術がない
ただ切るといってもペアガラスの規格は様々。電動ノコを使うにしても、真っ直ぐ切れず、難しい。行き詰まった玉野井は街の発明家に相談することにした。
  “政田 寛”氏、自然薯栽培機の発明で一躍、全国に名の知れた発明家(発明協会理事)。特殊計量機の開発企業“株式会社宝計機製作所(http://www.takara-scale.co.jp/)”の社長である。
試供品完成!でも大問題が・・・
政田氏の協力によって、試作第1号機が完成。シンプルな発想による電動ノコのアタッチメントとして誕生。コストパフォーマンスに優れた自信作となった。
  さっそく、自社で実験。同業のサッシ卸業のトータル住器鰍ウんでも使っていただいた。
  すると、現場からクレームが届けられた。「ペアガラスに仕込まれている乾燥剤が粉塵になって散って、作業にならないよ!」
集塵機を付けて、ついに完成
さすが発明家政田氏、掃除機を使った集塵機を付属品として開発、これを装着した。すると、現場も大喜びの効果。
「よし、これなら実用化できる」と現場から喜びの声が寄せられた。
 
  こうして、玉野井と発明家政田氏、そして現場作業員のスクラムがPGリサイクルを生んだのでした。
活用事例
会社案内
PGリサイクル
PGRとは
活用事例
商品説明
PGリサイクル開発物語
PGリサイクルQ&A
お申し込み
お問い合わせ